RECRUITインタビュー

「景色も人も変わって
街の顔が全然違うから飽きない」

メッセンジャー歴4年
カマロ

CAMARO
INTERVIEW

『クリオシティ メッセンジャー インタビュー』では「クリオシティ 」で活躍する個性豊かなメッセンジャーを紹介!

横浜生まれ、横浜育ちのカマロさんはメッセンジャー歴4年目。メッセンジャーとして働くまでは「スーツを着た普通の会社員(本人談)」として、事務職に携わっていたのだそう。

「前職を辞める頃からすでに、自転車に乗るのが好きだったんですよ。だから、そういうことを仕事にしたいなぁと思って。自分が好きだったのは“ロード”や“街乗り”じゃなくて、山を走る方だったんですけど。メッセンジャー自体は知っていて『どうせ走るなら地元で走りたいなぁ』と探した結果、横浜の『クリオシティ 』に決めました。」

カマロさんが自転車の世界に興味を持ったのは、高校生の頃。父親の影響で始めたマウンテンバイクがきっかけでした。

「マウンテンバイクで山の道なき道を進んでいくんですよ。2時間で何周出来るのか競う耐久レースにも出ていました。整備されていないコースだから木の根も出てるし、落ち葉でフカフカだと滑って自転車を持ってかれたり。
山の中を周回していると、コースコンディションも変わってくるんですよね。公道って大体一定じゃないですか?皆が通ると車輪の跡ができてどんどん深くなるから避けないといけないんです。前日に雨が降ったら木の根が湿っているだけで滑るし。
そういうのを一つ一つ乗り超えて最終的に勝ち負けがあるのが面白かったんです。勿論、人とも闘っていますが、自然と闘っている感じがして。」

自転車一つとってもそれぞれの好みは多種多様です。山を走ることをきっかけに、メッセンジャーとなったカマロさんは今、地元横浜で走る日々を送っています。

「普段よく走っているのが本牧(ほんもく)ってふ頭の方なので、トレーラーがバンバン走ってるような場所から中華街、みなとみらいって景色も人も変わって街の顔が全然違うから飽きないなぁと思います。でも『好きな景色を紹介して』と言われると、日常すぎて逆に紹介できないですね(笑)。」

横浜は自分にとって「日常の景色」というカマロさんですが「こんな道あったんだ」と、再発見も少なからずあったのだと教えてくれました。

また、メッセンジャー同士の交流も楽しみの一つなのだそう。

「全国各地のメッセンジャーがイベントで集まった時は皆、飲むし喋るし。人と関わるのが好きな人達が多いかもしれません。中には若そうに見えて歳を聞いたら驚くような人もバリバリ走っていたりするんですよ!」

メッセンジャーの仕事はまさに「体が資本」。カマロさんの話を通じて、自転車で走る毎日も、メッセンジャー同士の交流もその積み重ねは、心身共に健やかさが育まれているように感じました。

text 工藤 葵/photo 西村 大輔

採用応募、またはご質問は採用Q&Aをご参照いただくか、
お電話または専用フォームよりお気軽にご連絡ください。