RECRUITインタビュー

「自転車に乗ればわかる」

メッセンジャー歴6年
らっきょ

LUCKIO
INTERVIEW

『クリオシティ メッセンジャー インタビュー』では「クリオシティ」で活躍する個性豊かなメッセンジャーを紹介!

メッセンジャー歴6年目のらっきょさんは、通勤用に購入した自転車がきっかけで「自転車が随分と好きになった」と話します。

「勿論、メッセンジャーになる前から自転車に乗っていました。せっかくだから仕事で自転車に乗れたら良いなぁと思い『クリオシティ』に入りました。
自転車に乗って行動範囲が広がったり、自分の住んでいる街を率先して回ったら、世界が拓けたみたいな感じで好きになって。例えば、自転車を使っていない大学時代は自宅と学校を行き来するだけで、東京にいたけれど今と比べると知らないことが多かったんです。」

自転車を通じて上がった街の解像度。それは“ペダルを漕ぐこと”自体に魅せられたらっきょさんだからこそ、拓けたものがあったのかもしれません。

「ピストに乗り始めて"単純にペダルに集中すること”にハマった感じでしょうか。宣伝するつもりはないのですが乗ってもらわないとわからないかも…。」

インタビュー中も、重ねて「自転車に乗ってもらえたら」と繰り返すらっきょさんは、確かな“自転車愛”を放ちます。

「ぶっちゃけて言ってしまえば、自転車で走り回って純粋に面白いのは、車も人もいない山の中とかですね。休日は仕事とは関係ない事として、信号もない山奥で走ります。
山の道路を走ると強制的に無心になるので…。坂を登るとゼェゼェハァハァで、何か考えている訳にもいかなくて『もう走るしかない』という感じ。技術が必要なので、何回登っても上手くは登れないんだけど、だからこそ『もっと上手く登ろう』と探求しちゃうというか…。」

また、好きなルートを尋ねると「坂が好きです」と答えてくれました。メッセンジャーとして楽しいと感じる瞬間も

「仕事が上手くいったらというより、自転車で上手く走り回れたらですね。仕事内容というより手段で使っているものなんだけど、どうもそっちの方が楽しく感じちゃう…。あと、この仕事はやるべきことが明確だけど、仕事の進め方は自由だと思います。もっと上手くやろうってのも、自分で考えて工夫していく訳なので。」

と、ブレないらっきょさん。

話を伺った最初、自転車の魅力について「単純な事ではあるんですが相当難しい質問ですね…。」と悩んでいたらっきょさんですが、答えは「自転車に乗ればわかる」というシンプルなものでした。これは日々、自転車と共に走るメッセンジャーならではのパーソナルな視点なのかもしれません。

text 工藤 葵/photo 西村 大輔

採用応募、またはご質問は採用Q&Aをご参照いただくか、
お電話または専用フォームよりお気軽にご連絡ください。